決めるということ

人生は選択の連続。
毎日、いや、一瞬ごとに選択を強いられるのが生きることなのかも。
大変だね、そう思うと。そりゃいくら寝たって眠いわけだ。
朝起きる、これも選択。
朝ごはん食べる、食べない。
仕事に行く、行かない。
歩いて行く、自転車で行く。
家にすぐ帰る、寄り道する。
こんなのも一応選択です。そんなことを常に考えて生きているわけではありませんが。

自分で決めた道を信じる。
とかよく聞くけど、そんな強く生きられる人ばかりでもないよね。決めたってブレるし、生きてれば考えややりたいことも変わる。
でもどんな時でも、自分のことはやっぱり自分で背負わないといけないということ。誰も代わりには背負ってくれない。だけど、一緒に背負ってくれる人がいるかどうかが大事というか、そんな人がいてくれるのが有難い。


きっと、選択した道に、正しい、正しくないなんてないんだろう。
でも、正しくしたいから選択した道で頑張るのです。
情けない奴と思われたくないから見栄はってカッコつけるんです。
だけどさ、そんなことに疲れると、ため息ついたり、暴飲暴食したり、カラオケで騒いだりするのかな。
時には、重たい荷物おろそうね。
友の荷物なら自分に力がある限りいくらだって一緒に持つから。そんな人でありたいし、そんな友がいたらそれだけで十分。本当そう思う。

店主、病んでいるわけではありません。笑
だけど、重たい荷物を少しおろして休憩したいなと思ったから、あえてブログに残しておく。

選択した道に、正しい、正しくない、なんてきっとない。だけど、

これからがこれまでを決める

過去起こった事の事実は変えられないけど、これからの生きかた次第でこれまで起こったことも変わっていく。
過去が私を作っているのではない。
これからどう生きていくのかが過去の私を形取っていくのだろう。だから、絶望の時も大丈夫。1年後2年後に
あー幸せだなー
って思えたらそれで良いじゃないか。

文句は言わない。悪口も言わない。それだけ心がけたい。あっ、愚痴は時々吐くけどね。

自分の道を一緒に支え合ってくれる友はいつでも募集中。(^^)
そして、すでに友の方、これからも支えてくださいね!

合掌

坊さんキッチン en

世界初?!小料理&バー×坊さんシェフ×ジャズの店 美味しいお酒とご飯。仏事受付所。 お坊さん&調理師である店主との会話。 ほかのお客様との一期一会のご縁。 「飲む、食べる、話す、聞く」ことで和み、 明日も元気にいこう、と思える和み処。 きっかけはなんでも結構です。 宗旨・宗派は問いません。最初は入りづらいかもしれませんが、皆さんほっこりゆっくりしていきます。 是非、足を運んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000