思うこと

オープンして間も無く半年。
お陰様でここまでやってこれたことに感謝いたします。
ありがとうございます。

さて、思うこと。
多くの方に、立ち寄っていただきたい。
楽しい時も、悲しい時も、悩める時も、
どんな時でも来れる店になったらいいなー
と思い、開いた『坊さんキッチンen』。

私が欲張りなのかもわかりませんが、もうひと押し、いや、もうふた押し多くの方に来てもらいたい。そう思う今日この頃でございます。

なんだろ。色々試験的に行ってきた半年間。
突発的、落ち着きがない、そんな風に思われた方も多いと思います。
でも、やってみたからこそ分かったことがたくさんあるのでどうかご容赦ください。

色々考えて、色々試してみたけど、どれもイマイチ。(情けないねー笑)

私の願いは単純なんです。
町の頼れるお坊さんになりたい。
仏事でわからないことや、人間関係に困った時、そんな時に
「坊さんキッチンenに行けば大丈夫!」
と思われる場所、人でありたい。それだけ。もちろん楽しい話、嬉しかった話も聞かせてもらいたい。

だけど、お客さんが来なかったり、なかなか売上げが苦しかったりすると大事なことを見失いそうになる時もやっぱりある。

だからこそ、
「初心にかえる。自分のできること、やりたいこと、しなければならないことを見つめ直す時間って必要」
そんなことを思いながら閉店後の今ブログを書いています。

お客さんに言われて1番嬉しかったこと。順位をつけるのは大嫌いですが、ずっと励みになっているので。
本人は覚えているのかなー??

「ここは家みたい」


その一言がすごく嬉しかった。
より多くの方にそんな風に思ってもらえるお店になっていけたら、こんな幸せなことはないでしょうね。

たまには物思いにふけて、黄昏て、そんな単純でちょっとお馬鹿な坊さんです。



そろそろお店の行く方向も決めないといけない。そんな気がする。

やっぱりお客さんと会話している時が1番楽しい。
お肉を焼いている時でもなく、読経している時でもなく、酒を作っている時でもなく、目の前の人と会話している時。それが大きなやりがいであり、生きがい。
ここをしっかり大事にして
「NEW坊さんキッチンen」にしていきたい。

皆さん、どうかこれからも支えてくださいね。
今後ともよろしくお願いします。

あっ、明日と明後日のご縁広場のランチは
カレーライス500enでお出ししますので、良かったらお越しを(^^)

黄昏店主

坊さんキッチン en

世界初?!小料理&バー×坊さんシェフの店 美味しいお酒とご飯。仏事受付所。 お坊さん&調理師である店主との会話。 ほかのお客様との一期一会のご縁。 「飲む、食べる、話す、聞く」ことで和み、 明日も元気にいこう、と思える和み処。 きっかけはなんでも結構です。 宗旨・宗派は問いません。最初は入りづらいかもしれませんが、皆さんほっこりゆっくりしていきます。 是非、足を運んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000